採用情報

事業紹介|FFE部門

FFE, OSE, アートワークとは?

FFEはアメリカのホテル業界における用語です。Furniture・Furnishings・Equipmentの頭文字を取ったもので、それぞれ家具・室内装飾・備品のことを指します。

イリアのFFE部門では、テーブル、椅子、キャビネットといった家具備品を表すFFEだけでなくOSE, アートワークの調達も行っています。OSEはOperating Supplies & Equipmentの略称で、運営備品のことを意味し、食器、宴会用品、家電品、ユニフォームまでがすべてOSEとなります。ホテルの大きさやマーケットの場所に関わらずどのホテルにとっても大切な調達アイテムで、エリアの数とホテルのマネジメントによって異なりますが、その種類は1000から3000にもなります。

アートワークは絵画・彫刻・花器などの美術品のことです。専門家以外ではなかなか難しい個人のアトリエなどからの調達を代わりに行います。

FFE(家具・室内装飾・備品)
OSE(運営備品)
アートワーク

FFE部門の調達業務とは

空間を印象づける大きな要素として、建築が構成する内部空間を彩る、これらFFE,OSE,アートワークが重要な役割を持ちます。質の高い居住空間や執務空間を創り出すには極めて高度な専門性が求められ、 イリアはこれらの要求に対し豊富な専門スタッフを揃え、デザイン、コスト、品質、スケジュールなどのあらゆる面から、最適な家具・室内装飾・備品のセレクションや調達をサポートしています。

FFE部門の調達業務の特長としては、以下の4点が挙げられます。

①グローバル情報力

イリアは、国際的な視野に日本的な気配りを加えたきめ細やかな対応を行います。家具・備品類の調達先は海外だけでも500社を超え、海外デザイナーとの共同作業も数多く行っております。

②優れたデザイン能力

実績と独創性を兼ね備えたデザイナーが空間のコンセプトを理解しつつ、調和やアクセントを考慮し、家具・室内装飾・備品のセレクションや特注品のデザインを提案します。

③技術力

経験豊富なスタッフが、機能性、耐久性、生産性等を検討し、その施設の目的に最適なFFE,OSE,アートワークのセレクションを行います。また、建築躯体や設備との取り合い調整も行います。

④実績に裏付けられた調達力

 ホテル・オフィス・教育・医療福祉等の、各分野で多くの実績があります。要求される品質やグレードを確保しつつ、目標予算・グレードに沿った、プロジェクトに最適な調達ルートを選定します。また、工程管理も責任をもって行います。

FFE部門の組織について

FFE部門には、オフィス、ホテル、医療・研究施設、船舶などあらゆる施設の家具・備品等の調達にコントラクト(請負業務)で対応するFFE部と、5つ星ホテルを主とした宿泊施設を対象に家具・備品等購買をコンサルタントとしてサポートするホスピタリティソリューション(HS)部があります。

【FFE部とHS部の相違点】
FFE部 HS部
コントラクト(請負業務) PA = Purchasing Agent(コンサル業務)
発注先は、請負者(イリア)が決める 発注先は、施主がPA(イリア)のコストスタディに基づいた推薦メーカーの中から決定する
契約は、請負者とメーカー間で締結する 契約は、施主とメーカー間で締結する
支払いは、請負者が行う 支払いは施主が行う
納期・品質保証は、請負者が負う 納期・品質保証はメーカーが負う

PA業務とは

HS部が行うPA業務とは、施主の代理人として、家具・室内装飾・備品の調達を代行するサービスのことです。イリアは日本における多くの外資系ファイブスターホテルのPA業務を手掛けており、世界中のサプライヤーの中から最適な業者を選定し品質管理、納品までをトータルにサポートします。