SERVICES

オフィス移転に関わるコンサルティング及び設計・PM 業務

オフィスリロケーション

オフィスリロケーションとは?

オフィスリロケーションとは、オフィスの統合再編計画、移転計画のことです。

オフィスの移転を予定している場合、その計画は周到に行わなければなりません。いったん移転した後では、オフィスの配置や設備などの不具合が発覚しても、修正が難しいからです。思わぬ出費や、時間のロスにつながることも少なくありません。

事前に移転後の諸条件や将来構想を整理し、最適な計画を立てて実行することが、何よりも大切です。

複雑な作業が必要

オフィスの統合再編計画、移転計画は、どの組織を統合再編するか、どの組織を動かすかなどの考察から始めます。

次の建築・内装・設備計画では、移転先ビルの選定、入居ビルの返却、そして社員の執務環境の向上とコスト節減を考慮する必要があります。

以後、設計、見積・発注、施工、引越と続きますが、それぞれのステップで物事がさまざまな形でからみあうため、非常に複雑な作業が発生します。

ファシリティ プログラミング

ファシリティプログラミングとは?

ファシリティとは、施設、人、組織、家具、備品、そしてそれらに関する費用や情報などすべての要素を含めた総称です。ファシリティプログラミング(FP)は、オフィスを計画する際に、それらを考慮しながら設計条件を作り込んでいく業務です。 実際の作業は、オフィスの現状把握と評価に始まり、最終的にはスタンダードガイドラインとしてオフィス環境の決まりごととしてまとめます。スタンダードガイドラインは設計の基礎となるだけでなく、将来、オフィスのレイアウト変更を行う際にも有効なツールとして不可欠です。

ファシリティプログラミングを導入するメリットは、要約すると次のようになります。

  • 企業理念をビジュアルな形で表現
  • 業務特性を考慮しながら、生産性を高めるオフィス計画の実現
  • 執務環境の向上
  • 投資コストの有効配分
  • 施設運営コストの削減

プロジェクトマネジメント

オフィスのPM業務について

オフィスプロジェクトではスケジュールの立案から、社内関係部署・関係者との調整、設計監理業務、施工管理業務、電話・LAN・セキュリティー業者との調整、オフィス家具・什器の選定・手配、移転業務、移転後の関係者の調整など、さまざまな作業があげられます。

これらの業務を顧客の代行として一括で行うことにより顧客の負担を極力減らし、円滑に効率的な移転業務をサポート致します。

また、テナントオフィスビルの場合、当社では内装監理業務の専門スタッフが、効率的且つ円滑にテナントの入居を調整することができます。

 

CAFM

CAFMとは?

オフィスの規模が大きな場合、あるいは複数の場所に分散している場合などには、建物や設備、家具、備品などの管理は大きな問題となります。

全てを人手で行おうとすると、多くの手間と労力が必要です。また、管理の範囲が多岐に及ぶため、全体の把握が難しく、経営管理上もロスが生まれがちです。

CAFMとは、Computer Aided Facility Management、すなわちコンピュータを利用してファシリティをマネジメントすることです。単なるデータ管理を越えて、整理・集計、分析、情報の共有化を実現し、将来のメンテナンス計画の指針作りなど、多くのメリットが生まれます。

CAFMのシステム

CAFMでは、コンピュータ上で建物データ、設備データ、修繕・保繕費データ、賃貸借費データ、家具・備品データを常に整理し、更新しながら一元管理します。