SERVICES

内装監理業務

内装監理業務とは

オフィスや商業のテナントビルにおいて、テナント工事(設計・施工)を円滑に推進させる事は、施設全体の品質を維持していく上で不可避です。

スムーズな入居を実現させる為に各テナントに対して、設計・施工指針書の作成・説明、工事区分の調整、設計・施工内容の確認・監理などのテナント内装の設計と工事を、オーナー(建物事業者)側の窓口として調整・指導する業務が内装監理業務です。

イリアは小規模から大規模までのオフィス・商業(飲食・物販・サービス)ビルのテナント内装監理業務に数多くの実績があります。

 

内装監理のための体制

オーナー工事、テナント工事それぞれの調整を図っていきます。そのためには、オーナー工事、テナント工事のいずれにも属さない中立的な組織の立場をとる必要があります。一般的には、下図のようにオーナー内の組織として内装監理室という独立した機関を設けて運営していきます。

 

mng_chart2